安城湯麺(アンソンタンメン)をドンキで買ってきたので食べてみた

安城湯麺(アンソンタンメン)辛い食べ物&お菓子

安城湯麺(アンソンタンメン/アンソンタンミョン)を食べてみました。

韓国ラーメンの定番のインスタントラーメンで、牛骨スープの旨味とさっぱりとした辛さが特徴です。

牛骨と牛肉の旨味に、韓国味噌と唐辛子で韓国ならではの味と人気があります。

安城湯麺(アンソンタンメン)の詳細

安城湯麺(アンソンタンメン)の栄養成分表示(1食125gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:531kcal
たん白質:10.2g
脂質:17.8g
炭水化物:82.4g
食塩相当量:5.8g(めん・かやく2.7g、スープ3.1g)

安城湯麺(アンソンタンメン)の原材料はこのようになっています。

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、米粉、小麦グルテン、食塩、にんにく調味液)、食塩、調味シーズニング、ビーフ風味粉末、砂糖、粉末みそ、醤油調味粉末、唐辛子調味粉、わかめ、にんにく粉末、唐辛子フレーク、パーム油調味粉末、胡椒粉末 / 加工でん粉、かんすい、調味料(核酸等)、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、緑茶抽出物)、カラメル色素、香辛料抽出物、乳化剤、酸味料、ビタミンB2、(一部に小麦・大豆を含む)

安城湯麺(アンソンタンメン)の感想

農心の安城湯麺(アンソンタンメン)の感想です。

安城湯麺(アンソンタンメン)

農心の人気インスタントラーメン。農心といえば「辛ラーメン」が有名だけど、こちらの安城湯麺も人気があります。

私はドン・キホーテで買ったけど、カルディでも売ってるみたいですね~。

安城湯麺(アンソンタンメン)

鍋に水550ml(3カップくらい)を入れて沸騰させ、麺と粉末スープを入れ、40分30秒間煮込んで完成!

袋にオススメの具材として「刻みネギ、焼きのり、玉子」とのことだったので玉子と長ネギ入れてみました。(海苔を入れるの忘れました)

食べてみると、これといって特徴は無いけど、「普通に美味しいピリ辛味噌ラーメン」です。

見た目から、麺が韓国インスタント麺にしては細いな~と思ったけど、食べてみるとツルツルでコシがあって美味しいです。日本人が食べ慣れている感じの麺です。

辛さはマイルドな辛さ。味噌の風味とスープの旨味が優しい。誰でも食べられる味って感じで、韓国で定番インスタントラーメンなのも納得です~。

私は辛ラーメンが好きですが、麺と旨味だと安城湯麺の方が美味しいかも。

タイトルとURLをコピーしました