明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめんの感想

明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん激辛・旨辛グルメ

明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめんを食べてみました。

東京の吉祥寺に本店を構える「らーめん専門店 ぶぶか」は油そばの名店で、今回はカップ麺オリジナルメニューです。

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんの口コミ

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんの口コミでは「美味しい」「普通」という評価が半々くらいです。

辛さについては「辛い」「普通」「辛くない」とバラバラでした。

悪い口コミでは「具が少ない」「具が無い」など、具材に対しての不満が多かったです。

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんのカロリーや栄養成分

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんの栄養成分表示(1食120gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:509kcal
たん白質:11.3g
脂質:17.4g
炭水化物:76.9g
食塩相当量:7.6g(めん・かやく2.1g、スープ5.5g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:216mg

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんの原材料

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんの原材料はこのようになっています。

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、酵母エキス、香辛料)、スープ(豚・鶏エキス、豚脂、食塩、しょうゆ、香味油、たん白加水分解物、糖類、香辛料、酵母エキス、ねぎ、植物油脂、発酵調味料、チャーシューペースト、醸造酢、香味調味料)、ふりかけ(香辛料(赤唐辛子)、糖類、コチュジャン、ポークエキス、ローストガーリック、香味調味料、フライドオニオン、食塩)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、香料、かんすい、炭酸マグネシウム、乳化剤、酒精、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

※本品製造設備では、そばを含む製品を生産しています。

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんの感想

ぶぶか 鬼マシ 豚骨醤油らーめんを食べた感想です。

明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん

辛さレベルは5段階中「5」ですが、口コミだと「辛い~普通」なので、そんなに辛くないのかな?

明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん

蓋を開けると、後入れの液体スープと粉末スープ、ふりかけが別小袋で入っています。

明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん

熱湯(480ml)を注いで5分後、粉末スープと液体スープを入れてよくかき混ぜます。

明星 ぶぶか 鬼マシ 唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん

唐辛子入りふりかけをかけてできあがりです。
…すごい量!
インパクトがありますね!

食べた感想は「見た目は激辛のピリ辛豚骨ラーメン」。

辛そうな見た目のインパクトがワクワク感があります♪

でもその分、実はそんなに辛くないというギャップが…なんかがっかり&残念感。

焼き豚ダレを効かせた豚骨スープと、にんにくを練りこんだ極太麺、ローストガーリック、フライドオニオンでガッツリ系ではあるものの、そこまで濃厚ではないので、食べやすいカップ麺に仕上がっています。

極太麺がもっちりとして食べ応えがありますが、私的にはスープが絡みやすい細麺~中太麺でも良かったんじゃないかな?と思いました。

ちなみにパッケージがよく似ている「辛辛魚らーめん」と比べてみると、辛さは辛辛魚らーめんの方が上だと思います。

「寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」唐辛子×魚介豚骨の感想
「寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてみました。毎年発売される「辛辛魚らーめん」は、発売から13年目。東京石神井にある人気店 「麺処 井の庄」 監修のカップ麺で、豚骨ベースの濃厚スープに魚粉の旨味が味わえる激辛インス...
タイトルとURLをコピーしました