シャネル ブルーセラム アイの使い方や口コミとサンプルを使った感想

シャネル ブルーセラム アイ スキンケア

シャネル ブルーセラム アイを使ってみました。

ブルーゾーン由来の3つの植物から高濃度で抽出した有用成分と「アイコンプレックス」と配合した「目もと用美容液」です。

ブルーゾーンとは、健康で長寿な人々が多く居住する地域のことで、イタリアのサルディーニャ島、日本の沖縄、アメリカのカルフォリニア州ロマリンダ、コスタリカのニコヤ半島、ギリシャのイカリア島のことです。

アロエベラ葉エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、エスシン(保湿成分)配合です。

シャネル ブルーセラム アイの使い方

シャネル ブルーセラム アイの使い方は、朝晩の洗顔後の清潔な肌に化粧水で肌を整えてから、目のまわりに伸ばして使用します。

使用量の目安は直径6~7mmくらいです。

シャネル ブルーセラム アイの口コミ

シャネル ブルーセラム アイの口コミでは「ハリが出た」というような感想が多いです。

良い口コミ
  • ハリが出た
  • 潤う
  • シワが目立たなくなった
  • 伸びが良く塗りやすい
  • サラッとしている
  • ベタつかない
  • 香りが爽やかで良い
悪い口コミ
  • 変わらない
  • 痒くなった
  • 腫れた
  • 香りが強い
  • 値段が高い

肌トラブルが出たという口コミは少ないですが、目元用なので敏感肌の人はパッチテストをするのがオススメです。

シャネル ブルーセラム アイの成分

シャネル ブルーセラム アイの成分はこのようになっています。

水、グリセリン、エタノール、シリカ、ペンチレングリコール、シア脂、炭酸ジカプリリル、スクワラン、BG、フェノキシエタノール、オクチルドデカノール、ステアレス-21、酢酸トコフェロール、アクリレーツコポリマーNa、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、オリーブ油、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カプリリルグリコール、クロルフェネシン、パルミチン酸エチルヘキシル、ライムギ種子エキス、バチルアルコール、リン脂質、サッカロミセスセレビシアエエキス、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、エスシン、水酸化Na、オリーブ葉エキス、レシチン、キサンタンガム、ポリクオタニウム-51、アラビアコーヒーノキ種子油、シトステロール、ヒアルロン酸Na、アデノシン、マスチック樹脂、ビオサッカリドガム-1、PG、カルボマー、フィチン酸、アロエベラ葉エキス、エチルヘキシルグリセリン、クエン酸Na、トコフェロール、クエン酸、安息香酸Na​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

シャネル ブルーセラム アイの感想

シャネル ブルーセラム アイのサンプルを使ってみた感想です。

シャネル ブルーセラム アイ

プレセラムの「シャネル ブルーセラム」が良かったので、次に目元用のブルーセラムアイを塗ってみました。

使用量の目安はほんとに少なくて、こんなにちょっとでいいの?って思うほどですが、目のまわりに塗っていくと、すごく伸びが良くて充分足りました。

塗ってるときは特に変化は無く、普通のアイクリームだな~って感じです。

では、次にもう片方の目元に塗って…

えっ!
ヒリヒリする!

先に塗った右目まわりは大丈夫だったのに、左目下に塗った途端、ヒリヒリしてすごく熱い!

だっ大丈夫なの?!
すぐ顔を洗った方がいいんじゃ…!

かなり焦って、どうしよう~!ってやってたら、徐々にヒリヒリ感はおさまっていきました。(安堵)

…なんだったんだろう。
それも片方って。謎。

ちなみに塗った目のまわりは保湿されて、しっとりした状態が長く続きました。

次の日、少し心配だったけど、サンプル残ってたのでつけてみたら全然大丈夫でした。ほんと、なんだったのかしら…。

シャネル ブルーセラムの使い方や口コミとサンプルを使ってみた感想
シャネル ブルーセラムを使ってみました。 シャネル ブルーセラムは、ブルーゾーン由来の3つの植物(コスタリカのグリーンコーヒー、イタリアのオリーブ、ギリシャのマスチック)から有用成分を高濃度で抽出し、...