CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメンを食べてみた感想とか

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン辛いカップ麺

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメンを食べてみました。エースコックから2019年11月4日に発売された、「カレーハウスCoCo壱番屋」とコラボしたカップ麺です。

人気のカレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)監修なのと、蓋には「赤のとび辛スパイスミックス付き 唐辛子&花椒」という文字が目立ちます。ちなみに「黒のとび辛スパイスミックス付き 焦がしニンニク&黒胡椒」という黒バージョンも食べてみた日記もあるので良かったらどうぞ~。

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメンの詳細

商品名は「CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン」です。

栄養成分表示(1食105gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:439kcal
たん白質:8.7g
脂質:14.5g
炭水化物:68.4g
食塩相当量:6.6g(めん・かやく2.2g、スープ4.4g)
ビタミンB1:0.73mg
ビタミンB2:0.51mg
カルシウム:338mg

原材料はこのようになっています。

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、かやく入りスープ(キャベツ、食塩、カレー粉、ポーク調味料、ポークエキス、香辛料、鶏・豚味付肉そぼろ、コーン、香味調味料、オニオンパウダー、唐辛子、酵母エキス、砂糖)、スパイス(砂糖、香辛料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、増粘多糖類、重曹、カロチノイド色素、かんすい、紅麹色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメンの感想

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメンの感想です。

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン

カップの蓋の基調は「赤」。麻辣赤カレーラーメン合うデザインになっています。黒の「スタミナ黒カレーラーメン」より辛そう…。

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン

麺は中太くらい。付属で「かやく入り粉末スープ」と「スパイス」がついています。スパイスは後入れです。

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン

お湯(500ml)を注いで3分待った状態がこちら。赤くて辛そう♡

CoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン

スパイスを入れて、混ぜて完成したのがこちらの写真です。…あまり辛くない感じになっちゃいました。

食べた感想は、「カレー風味のするピリ辛ラーメン」って感じ。スタミナ黒カレーラーメンのほうがカレー感があります。

たぶん麻辣の風味が強いからカレーっぽくなく感じるのかも。

あと、麻辣は辛いというよりピリッと痺れる感覚なので後味スッキリ。スープにはとろみがあるので、口の中にスープの後味が残っているのに、辛み(痺れ)がスッと先に無くなっちゃうんですよね~。

カレーラーメンが好きっていう人より、麻辣が好きな人やピリ辛が好きって人に向いているカップ麺だと思います。

タイトルとURLをコピーしました