「姜葱醤(ジャンツォンジャン)」業務スーパーで人気の万能調味料

姜葱醤(ジャンツォンジャン)人気のグルメ

「姜葱醤(ジャンツォンジャン)」が人気なので買ってみました。

おろし生姜とねぎ油が香る調味料です。餃子や蒸し鶏のつけダレや、炒め物の味付け、お酢と合わせてドレッシングにしたり、うどんや豆腐にかけたり、唐揚げの下味にもいろいろと使える万能調味料です。

和・洋・中を問わず、料理の味付けなどにコクと旨味を簡単にプラスできます。

姜葱醤の詳細

姜葱醤の栄養成分表示(100gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:481kcal
たん白質:1.4g
脂質:50.4g
炭水化物:5.4g
食塩相当量:3.2g

姜葱醤の原材料はこのようになっています。

植物油脂、しょうが、食塩、チキンエキス調味料(小麦を含む)、ねぎ油/調味料(アミノ酸等)、PH調整剤、香料、酸化防止剤(V.C)甘味料(スクラロース)、着色料(黄4)、(一部に小麦 ・鶏肉を含む)

姜葱醤の感想

姜葱醤(ジャンツォンジャン)の感想です。

姜葱醤(ジャンツォンジャン)

業務スーパーで売り切れになるほどの人気万能調味料。

私が買いに行ったとき、売り場がわからなくて店員さんに聞いたら名前を思い出せなくて「ジャン…なんとかっていう…」と言っただけで「こちらです~」と案内されちゃったくらいの人気商品です。(売り切れてなくてよかった!)

オススメの食べ方は餃子のつけダレ、蒸し鶏のかけダレで、シンプルに豆腐や白米に乗せるだけでも美味しいとのこと。

蓋を開けてみると、生姜の香りがフワッと。ひとくちスプーンで食べてみると…

油!!!

モロに生姜油。「姜葱醤」じゃなくて「姜葱油」の方がしっくりきます。

食べた瞬間、ものすごい胸やけが………!

たぶん、若くて元気な胃だと美味しく感じるんだろうなぁ…。

でも、そのままだけを食べるものではなくて、「食材+姜葱醤」の組み合わせがいいんだろうと、とりあえず冷蔵庫に合った豆腐にかけてみたけど…やっぱりなんか違う。醤油が欲しい。

ってことで醤油をかけたら、めちゃ美味しい~♪
オススメ通り、お豆腐に合います。(醤油プラスで)

ちなみに、私が姜葱醤を買うきっかけになった「家事ヤロウ」で紹介されていたレシピを真似して作ってみたのがこちら。

姜葱醤(ジャンツォンジャン)

「豚バラもやしのジャンツォンジャンがけ」。
蒸した豚バラとモヤシに、姜葱醤にポン酢を混ぜたものをかけるだけの簡単レシピです。

ポン酢を混ぜたら少しだけスッキリ。餃子を食べるときにも合いそうな味です。

タイトルとURLをコピーしました