個室もある居酒屋「十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)」牡蠣と焼酎推し

十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)札幌グルメ

「十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)」に行ってきました。個室居酒屋で、隠れ家的な雰囲気の良いお店です。

カウンターもあるみたいですが、今回は地下の個室を利用しました。

お店の中は、からくり屋敷というかなんというのか。トイレは忍者屋敷のような感じ。うまく説明できないけど、壁がグルっと回るアレです。初めてだと、開け方と施錠の仕方がわからないと思うので店員さんに聞いてくださいね~。(私は場所すらわからなくて困りました)

忍者屋敷と言うか武家屋敷というか。和風の居酒屋さんです。

十六夜 夢蔵 の感想と日記

十六夜 夢蔵 は牡蠣と焼酎が人気のお店らしいのですが、それを聞いたのは後からなんです。
そんなわけで、どちらも全く頼んでおりません…ごめんなさい。

十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)

十六夜の人気メニュー「毛ガニだるま」です。

毛蟹の甲羅にカニ身とカニ味噌がギュッと詰めてある一品。蟹の甲羅は小さめなのでペロッと軽く平らげちゃいました。

十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)

「刺身盛り合わせ」は5点盛りです。

「私の大好きなサバが入ってる~♪」って喜んだものの、しめ方が結構強め。ちゃんとしめてくれてるのは安心して食べられるけど、私の好みはもっと軽めがいいなぁ。
あ、美味しくないってことじゃないですよ!(サバが1番好きなので、こだわりがあるんです)

他のお刺身も美味しかったです。特にタコ。十六夜ではタコもおすすめらしいです。

タコの料理では、「蛸の鍬焼きポン酢バター」が人気だそうです。タコを農具の鍬(くわ)を鉄板代わりに使った焼き物で、見た目が変わってて面白いですよ~。

十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)

これは「白金豚ロースのモンゴル岩塩焼」。

白金豚のロース肉を、モンゴル岩塩だけで焼き上げてあります。

最近、岩塩にはまっている私は「岩塩」ってだけで選んだのですが、十六夜の人気メニューのひとつだそうです。

しっかり焼いてあって歯ごたえ十分!
塩加減少なめでヘルシーな感じです。

十六夜 夢蔵(いざよいゆめくら)

旬なので、「真だちポン酢」。たち(タラの白子)をポン酢で♪

たちポンって、どこで食べてもそんなにハズレってないけど、これはあまり身がプリッとしてなくて、ちょっと残念な感じでした。

他に頼んだのは、桜肉のレバ刺し、メンチカツ、カキフライ。

全体的に「普通に美味しい」感じでした。特別良いところは、盛り付けがキレイな点です。やっぱり見た目も大事ですからね~。

店員さんの対応は、良い人と悪い人どちらもいたので、こちらの気分が良くなったり悪くなったり…。また、呼んでも全然来てくれないことが多かったので、人手不足なのか、からくり屋敷の中は移動がしづらいのか。

ということで印象は良くもなく悪くもないお店だったけど、夜中の4時までやっていて便利なお店なので、機会があればまた利用するかも。そのときは、ちゃんと牡蠣と焼酎を頼みますね♪

十六夜 夢蔵 の店舗情報

北海道札幌市中央区南6条西4丁目
ファニービル1F・B1F

011-531-1341

18:00~翌4:00
日曜日/18:00~24:00

営業時間・定休日が記載と異なる場合がありますので、ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました