「寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」唐辛子×魚介豚骨の感想

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん辛いカップ麺

「寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてみました。

毎年発売される「辛辛魚らーめん」は、発売から13年目。東京石神井にある人気店 「麺処 井の庄」 監修のカップ麺で、豚骨ベースの濃厚スープに魚粉の旨味が味わえる激辛インスタントラーメン。全粒粉を配合したコシと弾力のあるノンフライ太麺です。

辛辛魚らーめんの詳細

辛辛魚らーめんの栄養成分表示(1食136gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:495kcal
たん白質:14.8g
脂質:19.0g
炭水化物:66.2g
食塩相当量:6.2g(めん・かやく1.4g、スープ4.8g)
カルシウム:272mg

辛辛魚らーめんの原材料はこのようになっています。

めん(小麦粉(国内製造)、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、唐辛子、糖類、香味油、粉末かつお節、たん白加水分解物、チキンエキス、ポーク調味油、デキストリン、食塩、ポークパウダー、ローストしょうゆ調味液、ガーリックペースト、香辛料)、かやく(ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、着色料(カラメル、クチナシ、パプリカ色素)、炭酸カルシウム、かんすい、乳化剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.E)、香料、(一部に卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

辛辛魚らーめんの感想

辛辛魚らーめんの感想です。

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

「大変辛いラーメンです。辛いものが苦手な方はご注意ください。」の注意書き。

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

蓋を開けると、かやく入りスープの素と液体スープ、後入れ粉末スープが別袋で入っています。

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

かやく入りスープを入れ、熱湯(450ml)を注ぎ、液体スープを蓋の上に乗せて温めながら4分後、液体スープと後入れ粉末スープを加えます。

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

よくかきまぜて完成です。出来上がりのビジュアルがシンプル。

見た目シンプルだけど旨味たっぷりで美味しい旨辛ラーメン。

まず、「美味しい!」です。私は魚介系(特にかつお出汁)が苦手なんだけど、全然臭くないし全然主張してないです。豚骨スープが勝っているけど、こちらも主張してなくて、豚骨と魚介が喧嘩しないで一体となっています。仲良し♡

具は少ないですが、スープが絡まった麺をすするたびに「うまっ!」って感じで箸がどんどんすすむので、具はこれ以上はいらないかも。あっという間に完食しました。

あと、私個人的にノンフライ麺が好きなので、チュルチュルッと喉ごしが美味しかったです♪

あと、辛さでは「辛い~激辛」の中間くらいです。

なぜか通年発売されてなくて毎年期間限定で発売されるのですが、定番化していつでも売ってたらいいのに~。

タイトルとURLをコピーしました