もりおか冷麺 激辛くん(ドンキ×戸田久コラボ)食べてみました

もりおか冷麺 激辛くん(ドンキ×戸田久コラボ)激辛・旨辛グルメ

ドン・キホーテのプライベートブランド(PB)情熱価格と戸田久のコラボ商品「もりおか冷麺 激辛くん」を食べてみました。

旨味の詰まったスープと唐辛子にハバネロを加えた激辛の「辛みの素」が、刺激的な旨辛冷麺です。「辛みの素」はお好みで調節できます。

麺は蒸気の中で麺生地をモチのように練り上げてα化させることにより、弾力に富んでコシがあり、なめらかで消化も良い独特の麺です。

もりおか冷麺 激辛くんの口コミ

もりおか冷麺 激辛くんの口コミでは「辛い」「美味しい」と評価が高いです。

辛さについての口コミでは「激辛すぎて食べられない」「辛い」「普通」という感じで個人差がありました。

もりおか冷麺 激辛くんの詳細

もりおか冷麺 激辛くんの栄養成分表示(1食あたり麺135g、スープ36g、辛味の素9g)はこのようになっています。

エネルギー:431kcal
たん白質:7.1g
脂質:1.4g
炭水化物:94.9g
食塩相当量:7.6g

もりおか冷麺 激辛くんの原材料はこのようになっています。

めん[小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩/加工でん粉、酒精]スープ[砂糖混合異性化液糖、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、食塩、醸造酢、かつお節エキス、香辛料/酒精、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘剤(グァー)、カラメル色素]辛味の素[唐辛子、食塩、醸造酢/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、酒精、パプリカ色素、増粘剤(キサンタン)](本品に含まれているアレルギー物質:小麦、大豆)

※本品製造工場では、そば・山芋を含む製品を生産しています。また、酒精(アルコール)を使用しています。

もりおか冷麺 激辛くんの感想

もりおか冷麺 激辛くんを食べた感想です。

もりおか冷麺 激辛くん(ドンキ×戸田久コラボ)

ドン・キホーテで見つけた辛そうな冷麺を発見したので買ってきました。

もりおか冷麺 激辛くん(ドンキ×戸田久コラボ)

袋の中には、冷麺と盛岡冷麺スープ、「激辛 辛味の素」、それぞれ2人分が入っています。

1人前の作り方は、鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、麺をほぐしながら1分間(柔らかめが好みなら2~3分)茹で、茹でた麺を冷水で洗い、水をよく切ります。

器に麺を盛り、れ麺スープを冷水(150~180ml)で溶かして「辛みの素」を適量加えます。辛味の素の目安は、1/3で中辛、2/3で大辛、全部で激辛です。

もりおか冷麺 激辛くん(ドンキ×戸田久コラボ)

好みでキムチ、ゆで卵、チャーシュー、キュウリ、ネギなどを加えて完成です。

食べた感想は「旨辛な盛岡冷麺」です。

辛味の素を舐めてみたら「激辛!」ってほどではなく、大辛~中辛の間くらいかな?…ってことで全部入れて作ってみました。水で薄めたので更に辛さが抑えられて中辛になっちゃったけど、スープも麺も美味しいので旨辛です♡

裏メニュー「焼き冷麺」

もりおか冷麺 激辛くんのパッケージで紹介されていた裏メニュー「焼き冷麺」を作ってみました。

もりおか冷麺 激辛くん(ドンキ×戸田久コラボ)

麺を1分茹でて、水洗いしてザルで水を切っておき、豚肉・もやし・キムチを軽く炒めて皿に取っておき、フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れて麺を炒め、取っておいた具材を戻し、添付のスープと辛みの素をかけ、一緒に和えるように炒めます。

食べた感想は「普通に冷麺として食べた方が断然美味しい」です。

というか、炒めてる時点で冷麺というのか?…という疑問が。

タイトルとURLをコピーしました