ニュータッチ 凄麺 汁なし担々麺(広島)の口コミと食べた感想

ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担々麺激辛・旨辛グルメ

ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担々麺を食べてみました。

広島発祥の人気メニューを再現したカップ麺で、胡麻ダレの旨さと痺れるような花椒の辛さ、しなやかでコシのある中細麺が特徴です。

凄麺 汁なし担々麺の口コミ

凄麺 汁なし担々麺の口コミでは「美味しい」と好評で、辛さについては「辛い」「ピリ辛」という感想が多いです。

凄麺 汁なし担々麺のカロリーや栄養成分

凄麺 汁なし担々麺の栄養成分表示(1食128gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:461kcal
たん白質:11.3g
脂質:14.3g
炭水化物:71.8g
食塩相当量:4.3g

凄麺 汁なし担々麺の原材料

凄麺 汁なし担々麺の原材料はこのようになっています。

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、大豆食物繊維)、タレ(しょうゆ、植物油脂、ねりごま、動物油脂、糖類、食塩、醸造酢、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付肉そぼろ、粒状大豆たん白、ごま、ねぎ、花椒、唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、カラメル色素、増粘剤(グァーガム)、カロチノイド色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、(一部に卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

※本品製造工場では、そばを含む製品を製造しています。

凄麺 汁なし担々麺の感想

凄麺 汁なし担々麺を食べた感想です。

ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担々麺

ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担々麺ではなく、名前に「広島」とついてないものもありますが、そちらは極太麺です。

ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担々麺

蓋を開けると、麺、かやく、後入れ液体タレ、ふりかけが入っています。

麺の上にかやくを乗せ、熱湯を注いで5分後、蓋を開け(はがさない)、麺をほぐし、蓋を戻して湯切り口からお湯を捨て、蓋を剥がして液体タレを入れて良くかき混ぜます。

ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担々麺

最後にふりかけをかけて完成です。

食べた感想は「ピリ辛の、担担麺風カップ麺」&「ふりかけをかけないほうが美味しい」。

麺が美味しいんだけど、このふりかけの食感がなんか邪魔で…。ガリガリしたかやくが麺に絡まって、せっかくのツルツルッとした麺の喉ごしが台無しになっちゃってる気がします。

タレはピリ辛で花椒の風味もあって後引く美味しさ。でもかやくが…。

タイトルとURLをコピーしました