「登別 地獄カレー」北海道 登別温泉のお土産を食べてみました

登別 地獄カレー(激辛ビーフカレー)北海道限定

「登別 地獄カレー(激辛ビーフカレー)」を食べてみました。

北海道登別市にある登別温泉の源泉である「登別地獄谷」は、熱い湯と湯気が湧き出すのが見れる観光スポット。「登別 地獄カレー」はその登別温泉のお土産で売られています。

登別 地獄カレーの詳細

登別 地獄カレーの栄養成分表示(1食180gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:237.6kcal
たん白質:11.7g
脂質:11.34g
炭水化物:21.96g
食塩相当量:3.42g

登別 地獄カレーの原材料はこのようになっています。

カレールウ(小麦粉、牛脂、砂糖、カレー粉、食塩、豚脂、その他)、野菜(たまねぎ、にんじん)、牛肉、カレー粉、砂糖、小麦粉、こしょう、唐辛子、コーン油/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、増粘多糖類、香辛料抽出物、酸味料、香料、(一部に小麦・乳成分・豚肉・牛肉・鶏肉・大豆・ゼラチン・りんごを含む)

※当製品工場では卵、かに、えびを含む製品を製造しています。

登別 地獄カレーの感想

登別 地獄カレー(激辛ビーフカレー)の感想です。

タイトルに「お土産」と書いてありますが、誰かからいただいたお土産では無くて…自分用に自分で買ったお土産です。

登別 地獄カレー(激辛ビーフカレー)

外箱には「鬼の目にも涙 の激辛ビーフカレー」 と書かれています。

写真の鬼は、登別温泉の入り口でお出迎えしてくれる体長18mの歓迎鬼像です。

登別 地獄カレー(激辛ビーフカレー)

熱湯の中に入れて3~5分で完成。作り方は普通のレトルトカレーです。

では、食べてみた感想は…

ドロッとしたルーカレーだけどスッキリした辛さで美味しい!

口に入れた瞬間、「辛い!」と思ったら、すぐそうでもなくなって「あれ? そんなに辛くない」 と思って、また食べたら「辛い!」ってなる、スッキリした辛さ(あとを引かない辛さ)です。

牛肉は少し大きめで、ちゃんと「ビーフカレー」です。辛さの中に旨味もあって美味しい♡

ルーはかなりドロッとしていて、ルーカレー好きなら絶対これ好きだろうな~って感じ。私はルーカレーもスープカレーもスパイスカレーも…大体のカレーが好きなので、もちろんこの地獄カレーも好きな美味しさです。

登別温泉のお土産コーナーにあったので「激辛って書いてあるけど、お土産用だし。たぶん辛くないよね~。でも、せっかく登別温泉に来たんだから記念に買ってみるかな」って感じで買ったけど、買って良かった♪

タイトルとURLをコピーしました