ペヤング 激辛MAX ENDの辛さは?口コミやカロリーと食べた感想

ペヤング 激辛MAX END激辛・旨辛グルメ

ペヤング 激辛MAX ENDを久しぶりに食べてみました。

ペヤングの激辛シリーズが発売され始めた頃の商品で、基本(?)の「ペヤング 激辛焼きそば」に次ぎ発売された「ペヤング もっともっと激辛MAX」よりも辛いカップ焼きそばです。

ペヤング 激辛MAX ENDの辛さ

ペヤング 激辛MAX ENDの辛さは公式によると、赤いパッケージの「ペヤング 激辛焼きそば」の4倍とのことです。

ちなみに「ペヤング 獄激辛やきそば」は「ペヤング 激辛MAX END」の3倍の辛さです。

ペヤング 獄激辛やきそばの口コミや他の激辛ペヤング比較と食べた感想
ペヤング 獄激辛やきそば食べてみました。最強に辛いと評判になった「ペヤング 激辛やきそばEND」の、なんと辛さ3倍!ペヤング史上最強の激辛商品ということで「泣けるほど辛い究極の辛さ」とのこと…。怖い。けど気になる~!...

ペヤング 激辛MAX ENDの口コミ

ペヤング 激辛MAX ENDの口コミでは「激辛」「辛い」という感想が多く、「辛くて味がわからない」という口コミもありました。

辛さが得意な人の口コミでは「ペヤングなので美味しい」「塩気が多めだと思う」など。

ペヤング 激辛MAX ENDのカロリーや栄養成分

ペヤング 激辛MAX ENDの栄養成分表示(1食119gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:554kcal
たん白質:9.5g
脂質:26.8g
炭水化物:68.6g
食塩相当量:3.0g

ペヤング 激辛MAX ENDの原材料

ペヤング 激辛MAX ENDの原材料はこのようになっています。

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、たん白加水分解物、植物油脂、食塩、しょうゆ、醸造酢、りんごピューレ、香辛料、トマトペースト、ポークエキス、野菜エキス)、かやく(キャベツ、味付け鶏ひき肉)/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、香辛料抽出物、増粘多糖類、かんすい、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、重曹、ビタミンB2、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

※本工場では、そばを含む食品を生産しています。

ペヤング 激辛MAX ENDの感想

ペヤング 激辛MAX ENDを食べてみた感想です。

ペヤング 激辛MAX END

これって食べ物?って疑っちゃうようなおどろおどろしいデザイン。

激辛ペヤングでおなじみの注意書き「辛みが非常に強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください」。

ペヤング 激辛MAX END

蓋を開けると、麺の他にかやく、あと、ソースが濃いのか字の色が薄いのか、何書いてあるかわからないですが液体ソースが付属しています。(よ~く見ると「激辛ENDソース」と書いてありました)

かやくを麺の上にあけ、熱湯(480ml)を注いで3分後、湯切り口からお湯を捨てます。

ペヤング 激辛MAX END

ソースをよく混ぜ合わせて、できあがりです。なんか見た目、普通の焼きそばですが…

食べた感想は「じわじわ来る激辛焼きそば」です。

「ペヤング 獄激辛やきそば」の経験があるので、「あれ?思ったより辛くない」と思いました。前に食べた時は辛くて大変だったのに。成長したなぁ私。(でも辛い)

食べた瞬間は全然辛くないんだけど、徐々に辛さが蓄積されていく感じで、口の中がヒリヒリになっていきます。後から来るタイプのやつです。食べるの早い人だと完食してから辛さが襲ってくる危険があるのでお気をつけて。

タイトルとURLをコピーしました