ペヤング 獄激辛やきそばの口コミや他の激辛ペヤング比較と食べた感想

ペヤング 獄激辛やきそば辛いカップ麺

ペヤング 獄激辛やきそば食べてみました。

最強に辛いと評判になった「ペヤング 激辛やきそばEND」の、なんと辛さ3倍!

ペヤング史上最強の激辛商品ということで「泣けるほど辛い究極の辛さ」とのこと…。怖い。けど気になる~!

ペヤング 獄激辛やきそばの口コミ

ペヤング 獄激辛やきそばの口コミでは「すごく辛い」が大半で、辛さを感じるのは個人差がありますが、「辛くて食べられない」と「2口目から食べられない」という人が多かったです。

激辛が得意な人は「食べられなくもない辛さ」と表現していますが「辛いだけで旨味が無い」と評価する人も多く、先ほどの「2口目から食べられない」と答えた人も「美味しさは感じない」とのことです。

ペヤング 獄激辛やきそばの比較

ペヤング 獄激辛やきそばの激辛シリーズの比較ですが、今回の発売によって順位が変わりました。

辛さが弱い方から、
・激辛ペヤング
・激辛MAXEND
・極激辛カレーやきそば
・極激辛やきそば

…ってことで、「獄激辛やきそば」が堂々の1位になりました。

「極激辛カレーやきそば」と「極激辛やきそば」はほぼ同じ辛さですが、カレーの方はカレー風味で少し辛さが和らぐ(といっても微々たるもの)で、「極激辛やきそば」の方が激辛に感じるようです。

ペヤング 獄激辛やきそばの詳細

ペヤング 獄激辛やきそばの栄養成分表示(1食119gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:542kcal
たん白質:9.6g
脂質:25.9g
炭水化物:67.6g
食塩相当量:3.6g

ペヤング 獄激辛やきそばの原材料はこのようになっています。

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、植物油脂、りんごピューレ、香辛料、トマトペースト、ポークエキス、野菜エキス)、かやく(キャベツ、味付け鶏ひき肉)/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、重曹、ビタミンB2、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

ペヤング 獄激辛やきそばの感想

ペヤング 獄激辛やきそばの感想です。

ペヤング 獄激辛やきそば

黒バックに赤字の注意書きが恐ろしい…。「泣けるほど辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください。」

なんていうのかな、パッケージのイラストやデザインがもはや食べ物って感じじゃないですよね。

ペヤング 獄激辛やきそば

かやくと極激辛ソースは別の袋になってます。

ペヤング 獄激辛やきそば

かやくを入れて熱湯(480ml)を注いで3分待ち、戻し湯を捨てて極激辛ソースを混ぜた状態がこちら。予想してたのと違って…なんかあまり辛くなさそう。普通の色ですね。

ってことで食べた感想は…

食べられませんでした。

ひとくち口に入れただけで、なにかよくわからない悪寒がして涙が頬を伝い、辛いのか痛いのかなんなのこれは!とにかくヤバい!どうしようどうしよう!?
…って、感じでした。

すぐに食べるのやめて水と、冷蔵庫にあったお茶とコーラとオレンジジュースを飲んだけど全然辛さが無くならず、どうして牛乳やバニラアイスを用紙しておかなかったのかと泣きながら思いっきり後悔しました。

ということで、美味しいのか美味しくないのか全く謎ですが、もし辛いの得意な人で獄激辛やきそばに挑戦したいって人はお好きにどうぞ。。。

タイトルとURLをコピーしました