北海道や全国の旬のネタが味わえるお寿司屋さん「すし処 対州」

すし処 対州札幌グルメ

「すし処 対州」初訪問。今回はよく対州に来ている友人に連れられて来ました。

かなり「食」にこだわっている人なので、この人が行くお店なら美味しくないはずがない!…っていうのと、他のグルメな友人達も対州を利用しているのも聞いていたので連れてきてもらいました♪

対州はこの前の10月に19年目を迎えた、常連さんも多いお寿司屋さんです。

北海道のネタを中心に、全国の旬の魚介が味わえるお店です。北海道の魚介は契約漁協(羅臼・羽幌・襟裳)などから毎日直送しているので、新鮮な寿司ネタを味わうことができます。

すし処 対州の感想と日記

飲み屋さんが沢山入っているオークラビルの5階にあるので、「このビルに美味しいお寿司屋さん?」ってちょっと意外に思うかも。

エレベーターを降りて真っ直ぐ突き当りまで進んで右に曲がって歩くと、赤い暖簾のところが対州さんです。入り口の扉が開いてることが多いので、外から店内の様子がわかるから入りやすいと思います♪

店内はカウンター7席くらいと小上がり(掘りごたつ)があります。そんなに広くないので予約を入れておくと安心です。

すし処 対州

これは、友人が対州に来たら絶対食べるというウニの軍艦巻。

塩水ウニを使用しているので、現地のとれたての生ウニのような甘さが味わえます。

あ、塩水ウニというのは、海水と同じ濃度の塩水に浸した状態のものです。(よくプラスチックのパックで売られています)

板ウニと違ってミョウバンを使用していないので全然苦くないんですよ~。

すし処 対州

そして、私がお寿司屋さんに行ったら絶対頼むのが、サバ。

お………美味しい~♪

めっちゃ美味しいです!

もう10貫くらい食べたい衝動が!(でも我慢)

すし処 対州

対州のシャリは少し小さめなので食べやすいです。使っているお米は新潟県の「こしぶき」とのこと。

そして、一貫ずつ握ってくれるのでいろいろ頼みやすいです。

お寿司だけでお腹いっぱいになるのはもったいないので、お刺身や一品料理も食べてみてください。お刺身にはやっぱり日本酒!ってことで私は根室の地酒「北の勝」をいただきました。

対州では日本酒やワインの他にも、本格焼酎を取り揃えているので飲んでみてくださいね~。九州の地酒や焼酎もあるそうなので好きな人はぜひ♪

なぜ九州のお酒が揃っているのかというと、お店の名前「対州」は「大衆の味」という意味と、九州の方にある島「対馬」の意味もあるそうです。

再訪①今日はカッパ巻きとアワビの天ぷら(2016.12.18)

お寿司屋さんといえばマグロとかを頼むと思いますが、本日のお目当ては「かっぱ巻き」と「アワビの天ぷら」。

なんでこの2つかというと、かっぱ巻きとアワビの天ぷら推しな友人と行くことになったからです。

すし処 対州

これが対州のかっぱ巻き。
シャリ少なめでほとんどキュウリだから、サラダ感覚で食べられます。

私はかっぱ巻きに詳しくない(そもそも頼んだことがない)ので、他のお店のかっぱ巻きとの違いがわからないけど、友人曰く「やっぱり対州のかっぱ巻きは美味しい!」とのことです。

すし処 対州

そしてこれが、アワビの天ぷら。
あまりアワビの天ぷらって無いですよね。ちょっと珍しい。

アワビに火を通すと身が柔らかくて食べやすくなるけど、天ぷらも合いますね~。薄い衣が上品で、岩塩をつけて食べると甘さが引き立ちます。

すし処 対州

かっぱ巻きとアワビの天ぷらをつまみに日本酒がすすみます。
そして、私がお寿司屋さんで絶対頼むサバの他に、白身、海老などを握ってもらって、そろそろ酔っ払い状態。

すし処 対州

まだまだ食べたいところだけど、閉店時間近いのでおいとますることに。
今日はずいぶん長居をしてしまいました。ごちそうさまでした~美味しかったです♪

再訪②お寿司とか天ぷらなど食べてきました(2017.07.01)

前回来たときから約半年ぶりです。私が行ったときにはカウンターは半分くらい埋まり、掘りごたつの座敷にもお客さんがいました。

すし処 対州
すし処 対州

すし処 対州の店舗情報

北海道札幌市中央区南5条西2丁目
オークラビル5F

月~火・木~土/18:00~翌3:00
水曜日・祝日/18:00~24:00

定休日/日曜日

営業時間・定休日が記載と異なる場合がありますので、ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました