麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾(東洋水産)辛味鶏白湯名古屋台湾ラーメン感想

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾辛いカップ麺

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾を食べてみました。

二本松(福島)の人気店のラーメンが東洋水産からローソン限定で発売されました。

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾の詳細

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾の栄養成分表示(1食111gあたり)はこのようになっています。

エネルギー:552kcal
たん白質:15.2g
脂質:31.5g
炭水化物:51.9g
食塩相当量:6.8g(めん・かやく2.9g、スープ3.9g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0..38mg
カルシウム:189mg

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾の原材料はこのようになっています。

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白)、添付調味料(香味油脂、チキンエキス、砂糖、食塩、豚脂、植物油、香辛料、ゼラチン、たん白加水分解物)、かやく(味付鶏挽肉、にら)/ 調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、加工でん粉、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、pH調整剤、クチナシ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾の感想

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾の感想です。

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

辛みが特徴の鶏白湯。気になります♪

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

熱湯2分…って早いですね!
細麺なのがわかります。×白湯ってことは結構あっさりめ?

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

かやくと粉末スープは最初から入っていて、後入れの特性油が別になっています。

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

熱湯(460ml)を注いで2分待った状態。具が沢山。

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

特製油を入れたのがこちら。

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

全体をかきまぜて完成。辛そうな辛くなさそうな…?

食べてみた感想は「白湯ラーメン(ちょい辛)」です。なぜカッコで「ちょい辛」なのかというと、全然辛くないわけじゃないけど、なんとな~く遠くに辛さがある感じだったので。辛さは感じるけど遠い。遠すぎる…。

戻し時間2分と、細麺なのと白湯で上品なのかと思ったけど、スナック的な軽い食べ応えでした。

ニラが結構多く入っていて、細かく味付鶏挽肉が入っているので、麺を食べるときに自然と一緒に食べることになるのですが、スープと麺が控えめなので丁度良いアクセントになっています。

味付鶏挽肉とチキンエキスで、鶏白湯が引き立つカップ麺ですが、あまりインパクトがないので「また食べたい」とはあまり思わなかったです。でも白湯や台湾ラーメンが好きってことなら、カップ麺では珍しいので一度食べてみてはいかがでしょうか♪

タイトルとURLをコピーしました