デオナチュレ ソフトストーンの使い方と最後まで使う「溶かす」って何?

デオナチュレ ソフトストーンボディケア

デオナチュレ ソフトストーンを買ってみました。「脇汗を抑えるなら&脇のニオイが気になるなら超オススメ!」って感じで特設コーナーがあったので、そんなにすごいものなのかと。これは試してみるしかないでしょってことで♪

私、脇汗すごいんですよ…。グレーやパステル系の服は「脇汗が目立つから」という理由で購入を避けています。緊張したときや暑いときってわけではなくて、何でもないときに普通に流れてきちゃうんですよね。…たぶん、更年期? いや、子どもの頃からだったような気がするから体質かなぁ。

デオナチュレ ソフトストーンの使い方

デオナチュレ ソフトストーンの使い方はいたってシンプル。

「乾いた脇に塗る」

これだけです。

ポイントは「乾いた脇」じゃないと効果ダウンしちゃうので、洗って水分を拭き取って、5~6回塗りこんでください。あまり塗りすぎると服についちゃったりするので塗りすぎも注意です。

もし塗ってるそばから汗が出てきちゃったら、一回拭き取ってから塗り直します。

デオナチュレ ソフトストーンを最後まで使うには?

デオナチュレ ソフトストーンは、スティック糊のようなタイプなので、最後は台座の部分が残ってしまいます。かなり残るので、これはもったいない…。

ってことで、最後まで使い切るにはどうすればいいのかと。
検索してみたら、結構みなさん試行錯誤しているみたいで…。うん、私もそうです。すごくわかります!

最後まで使い切るための方法として、「棒や木べらですくって使う」のが多かったです。毎回、すくって少しずつ使う人や、全部をかきだして別の容器にまとめる人、新しいデオナチュレ ソフトストーンの上に固めてくっつける人など。

でもデオナチュレ ソフトストーンって、まとめようとしてもポロポロでなかなか固まらないんですよね…。

でもそれを解決する方法がありました!
「溶かす」方法です。

デオナチュレ ソフトストーンを溶かす

最後の部分を掘ってもポロポロして全然まとまらない!

という悩みを解決するのが「溶かす」方法です。

やり方は超簡単。

① デオナチュレ ソフトストーンの裏側のシールをはがして、残りの部分を取り出す(ポロッと外れます)

② 耐熱皿に乗せて、そのまま1分くらい加熱する(ラップはいらないです)

③ 新しいデオナチュレ ソフトストーンを逆向きにひねって窪ませたところに流し入れる

という感じです。
②のとこは、大体の時間なので、様子を見ながら溶かしてくださいね♪

デオナチュレ ソフトストーンの感想

デオナチュレ ソフトストーンの感想です。

デオナチュレ ソフトストーン

使い心地は、塗りやすいとか消臭とか、そういう以前に…

とても硬いです。

「ストーン」という名前の通り、クリームとかジェルとかそんなんじゃなくて、石?

脇に塗っても、ほんとうに塗れてるのかわからないほどの硬さで、グリグリ押し付けて塗っても、それでも全然塗った気がしません。

本体を見たら減ってるっぽいので、塗れてるみたいだけど…。

脇を触ってもサラサラな肌触り。
ベタつかないのはいいけど、ちゃんと塗れているのか不安でした。

…で、その後どうだったかというと。

脇汗を抑える効果は、普通…かなぁ?
「これはすごい!」とは思いませんでした。

でも、ベタベタしないから服につかないのでオススメかも?

タイトルとURLをコピーしました